買取業者を中心に相談してみましょう

不動産の売買のことならば不動産仲介業者に相談をするのが一般的ですが、借地権の売買については仲介業者に依頼するとなかなか話がまとまらないことが多いため、できれば借地権買取りを請け負っている業者に相談することをおすすめします。底地取扱店は底地と借地権のどちらも買取を行ってくれる業者となりますので、まずはこちらに相談をしてみましょう。

仲介業者と買取業者の大きな違いは、誰が買い取るかという点にあります。仲介業者の場合は業者が買い取るのではなく第三者を見つけ出すのが仕事になりますが、一方で買取業者は業者自体が買い取りを行うため、借地権のような一般的にはあまり売れないものならば尚更買取業者を選ぶのがおすすめと言えるわけです。

借地権の売買を行う際には、土地の所有者の意見も気かなければなりませんが、そのあたりのノウハウも買取業者ならば持っており、効率的に買い取ってもらうことが可能です。買取業者ならばスピーディに買取できる、仲介業者の場合は次に購入する人があらわれるまでかなりの時間がかかってしまう、という違いが考えられますので、時間という観点からも買取業者へと相談するのが望ましいのです。

また、買取業者ならば無料で相談を受け付けていることも多く、安心して相談できる点も魅力となっています。

底地ビジネスって?

底地権と借地権、土地を所有している人と借りている人の間には、いろいろと厄介な思惑があるものです。土地所有者からしてみれば売却しづらい借地権付きの土地をいつまでも持っていることが負担になってしまいますし、借りている側からしてみても物件を手放したくても手放せないというジレンマが発生してしまいます。そんな両者の悩みを解決するビジネスが登場していることをご存知でしょうか。

底地ビジネスでは、土地所有者からは底地を借りている人から借地権を買い上げ、その土地を新たな第三者の顧客へと販売するというビジネスが行われています。土地のみを売却することもありますが、確保された土地に新たな分譲住宅を建て、建物も一緒に販売してしまうこともあります。この方法ならば普通に土地を購入するよりも費用を安く抑えることができ、したがって利益を上げられるというわけです。しかしながらこの方法は一部の資金力のある企業にしかできず、不動産仲介業者や一部の買取業者のみが参入しているのが実態です。

そもそも、1つの土地なのにも関わらず権利が分離してしまっていることが一番の問題で、これを一つにまとめ上げるのが、いわゆる底地ビジネスなのです。

借地権と底地権

一戸建て住宅を建てる際には、あまり人がいない地方ならば建物と一緒に土地も購入するのが一般的ですが、都市部などの比較的人の多い地域では、土地は借地権付きの土地を用意して建物は購入するという方法も考えられます。簡単に言ってしまうと土地は借り物、建物は自前、といったところです。

借地権とは土地を借りてその土地に建物を建てる権利を意味しており、上記のようなケースでは地主さんに対して月々定額の地代を支払うことによって土地を借り続けるということになります。借地権に似た言葉として底地権というものがありますが、底地権は土地を貸す側の権利、土地の所有権を指し、借地権と底地権はいわばコインの表と裏のようなもの、借りる側と貸す側の権利をそれぞれ意味しているのです。

さて、この借地権、もしも不要になった場合にはどのように処分するのが妥当なのでしょうか。物件を売却するにも借地権も一緒に売却しなければならず、厄介なことこの上ないわけですが、仕方なく値引きして物件価格を安くし、借地権も一緒に売却してしまうというたたき売りが一般的な方法となります。

マイホームを購入するときには手放すときのことを考えないものですが、いざそのときが来るとこのようなケースに陥ってしまい、なかなか手放すことができず、困ってしまうことも多いのです。当サイトでは借地権の売買を効率的に、合理的に行っていくための方法についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。