Pocket

一戸建て住宅を建てる際には、あまり人がいない地方ならば建物と一緒に土地も購入するのが一般的ですが、都市部などの比較的人の多い地域では、土地は借地権付きの土地を用意して建物は購入するという方法も考えられます。簡単に言ってしまうと土地は借り物、建物は自前、といったところです。

借地権とは土地を借りてその土地に建物を建てる権利を意味しており、上記のようなケースでは地主さんに対して月々定額の地代を支払うことによって土地を借り続けるということになります。借地権に似た言葉として底地権というものがありますが、底地権は土地を貸す側の権利、土地の所有権を指し、借地権と底地権はいわばコインの表と裏のようなもの、借りる側と貸す側の権利をそれぞれ意味しているのです。

さて、この借地権、もしも不要になった場合にはどのように処分するのが妥当なのでしょうか。物件を売却するにも借地権も一緒に売却しなければならず、厄介なことこの上ないわけですが、仕方なく値引きして物件価格を安くし、借地権も一緒に売却してしまうというたたき売りが一般的な方法となります。

マイホームを購入するときには手放すときのことを考えないものですが、いざそのときが来るとこのようなケースに陥ってしまい、なかなか手放すことができず、困ってしまうことも多いのです。当サイトでは借地権の売買を効率的に、合理的に行っていくための方法についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。