Pocket

底地権と借地権、土地を所有している人と借りている人の間には、いろいろと厄介な思惑があるものです。土地所有者からしてみれば売却しづらい借地権付きの土地をいつまでも持っていることが負担になってしまいますし、借りている側からしてみても物件を手放したくても手放せないというジレンマが発生してしまいます。そんな両者の悩みを解決するビジネスが登場していることをご存知でしょうか。

底地ビジネスでは、土地所有者からは底地を借りている人から借地権を買い上げ、その土地を新たな第三者の顧客へと販売するというビジネスが行われています。土地のみを売却することもありますが、確保された土地に新たな分譲住宅を建て、建物も一緒に販売してしまうこともあります。この方法ならば普通に土地を購入するよりも費用を安く抑えることができ、したがって利益を上げられるというわけです。しかしながらこの方法は一部の資金力のある企業にしかできず、不動産仲介業者や一部の買取業者のみが参入しているのが実態です。

そもそも、1つの土地なのにも関わらず権利が分離してしまっていることが一番の問題で、これを一つにまとめ上げるのが、いわゆる底地ビジネスなのです。