Pocket

不動産の売買のことならば不動産仲介業者に相談をするのが一般的ですが、借地権の売買については仲介業者に依頼するとなかなか話がまとまらないことが多いため、できれば借地権買取りを請け負っている業者に相談することをおすすめします。底地取扱店は底地と借地権のどちらも買取を行ってくれる業者となりますので、まずはこちらに相談をしてみましょう。

仲介業者と買取業者の大きな違いは、誰が買い取るかという点にあります。仲介業者の場合は業者が買い取るのではなく第三者を見つけ出すのが仕事になりますが、一方で買取業者は業者自体が買い取りを行うため、借地権のような一般的にはあまり売れないものならば尚更買取業者を選ぶのがおすすめと言えるわけです。

借地権の売買を行う際には、土地の所有者の意見も気かなければなりませんが、そのあたりのノウハウも買取業者ならば持っており、効率的に買い取ってもらうことが可能です。買取業者ならばスピーディに買取できる、仲介業者の場合は次に購入する人があらわれるまでかなりの時間がかかってしまう、という違いが考えられますので、時間という観点からも買取業者へと相談するのが望ましいのです。

また、買取業者ならば無料で相談を受け付けていることも多く、安心して相談できる点も魅力となっています。